革新と持続可能性の例

私たちは開拓者精神を持つワイナリーです。私たちは土地とブドウを尊重しながら、伝統と技術の進歩を、ブドウ園の限界と可能性を組み合わせることを常に探求しています。

そして、これらはすべて最高品質を優先し、環境の管理に専念し、企業の社会的責任を擁護しながら行っています。当ワイナリーは、IFSやBRCなどの食品安全規制に関する認定を受けています。私たちは、水力発電ダムとソーラーガーデンを利用して電気を供給しています。さらに、家畜はすべての作物への天然肥料を生成するのに役立ち、原材料から生成されるすべての廃棄物をリサイクルし、プロパン消費量を削減し、より持続可能な製品政策を採択することにより二酸化炭素排出量を削減しました。

『パゴ』という呼称制度

プラドレイには、リベラ・デル・ドゥエロ最大のワインの農場、520ヘクタールの自社畑があり、ここで毎年ワインの品質を管理・保証しています。ブドウ畑は、標高、向き、土壌に応じて8つの異なるエリアで構成されています。オヨ・ドルナホ、ラ・ミナ、プラド・デル・レイ、サルグエロ、エル・ピノ、ロス・ロブレス、バルデラエグアとラ・レコルバの8つです。また、各ブドウ園では、主にテンプラニーリョ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローなど、それぞれに植えられたさまざまなブドウの品種とクローンを徹底的に管理しています。これらのブドウ畑では、リベラ・デル・ドゥエロのさまざまな地域から100年以上の株が選択され、たとえばエリートクローンなど、いくつかのユニークで害虫(ブドウネアブラムシ)に強い品種が復元されました。

ワイナリー

ワイナリーは自然環境と調和して建てられています。何世紀にもわたる周囲の町の伝統に従い、一部が地下にくるよう丘の中腹に建て、ワインの熟成と熟成のために最適な温度と湿度の一定の条件を維持するようになっています。

内部では、ワイナリーは革新的なシステムを提供します。ワイナリーでは、蜂の巣に似たシルエットのオリジナルで効果的なフレームワークを積み重ねて形成される、熟成用の金属製の棚で樽を積み重ねる、自動バレル洗浄トレイン。また、ヌヴェール産フレンチオーク樽ルームもあり、21,000リットルの個々の容量により、通常225ℓと300リットルであるフランス、アメリカ、および中央ヨーロッパの伝統的なオーク樽のワインの熟成をしのぎます。

施設の見学は、プラドレイ ワインの最も例外的なヴィンテージが置かれているユニークな場所であるワイン博物館への訪問で終了します。

「ラ・レコルバ」ダム

1921年、1858年に最初に建設されたと記録があり、2年後にドウロ川の最も大洪水により破壊された跡地に水力発電ダムが建設されました。

当事すでに、生み出されたエネルギーは、工業用、灌漑用の水汲み上げ、電気すきによる農業開発の機械化に消費されていました。

現在、波しぶきが4メートル、流量3,000リットル/秒のこの埋め立てダムは、フランシス水車2基の垂直タービンと270 KWの同期発電機各1台で構成されています。さらに、農場のさまざまな作物の灌漑用に、それぞれ110馬力の3台の水ポンプが構成されています。

ポサダ(宿泊施設)

17世紀にフェリペ3世王とルーベンスやロペ・デ・ベガなどの著名なゲストを収容するためにレルマ公爵によって建てられた宿泊施設(「ポサダ」は、2003年に観光施設に転換されました。

balcon

サン・アンドレスのエルミタージュ

16世紀に建てられ、1950年代に復元されたシンプルなエルミタージュは、ポサダの隣に建てられ、14世紀の洗礼の水盤と、15世紀末の壮大な祭壇画や繊細なヒスパノ-フラメンコのスタイルが内部に保存されています。

巨大な天蓋の下のサン・アンドレスの彫刻は、台座付きで金色の透かしで装飾された2つの上半身が鎮座しています。6枚の小さい絵画の中には、異なる著者の6つの下のテーブルでは、これら例外的に優れた出来栄えの、異なる画家による8枚の大きな絵画は、祭壇の所有者の人生を語るもので、4人の伝道者が聖カタリナと聖バルバラと共に表わされます。

牧場

プラドレイでの畜産は1900年に始まりますが、産業用の牛乳の生産が始まるのは1928年になってからです。創業以来、私たちの乳製品は革新と品質の面でロールモデルとなっており、40年代にはすでに、脱脂乳、粉乳、バターが作られていました。

アプリコス

羊飼いに小屋を提供し、悪天候や捕食者から羊の群れを保護できるようにする構造。

プラドレイには、およそ1800の羊小屋があります。羊のほとんどはこの地域原産のもので、肉と牛乳の両方で高く評価されています。その牛乳を使って作られる匠の美味なチーズは、「ポサド」とワインツアーの両方で味わうことができます。

ソーラーガーデン

プラドレイ太陽光発電公園は、「ラ・レコルダ」と呼ばれる農場の場所で3ヘクタール以上の面積を占めています。2006年から稼働しており、640の太陽電池モジュールがあり、ピーク電力は121,600 Wまで達することができます。

Cerrar
×
×

カート