Bodegas Pradorey

歴史

何世紀にもわたって、ドゥエロ川は絶え間ない水流で私たちの大地、7 kmを潤してきました。素晴らしい歴史と隅々でささやかれてきた情熱の特権的な証人です。

1503

カトリック女王イサベル1世、リバデオ伯から2,286,333マラヴェディ銅貨で土地を購入

1600

フランシスコ・ゴメス・サンドヴァル・イ・ロハスは、レルマの第一公爵にしてフェリペ3世に仕えた首相であり、王室建築家フランシスコ・モラによって設計されたとされる宮殿を建設し、王がヴェントシッラ王宮を訪れる際の宿泊地としました

1603

ロペ・デ・ベガは、フェリペ3世や、こちらもここに滞在したことのあるルーベンスのためにヴェントシッラ宮殿の庭園で劇を上演しました。

1921

ドゥエロ川に建設された水力発電ダムが、農場、ワイナリー、宿泊施設にエネルギーを供給しています

1928

ヴェントシッラ宮殿は、がアルフォンソ13世国王によって開拓モデル農場の宣言を受けました

1989

農園は農学者で田舎を好んだハビエル・クレマデス・デ・アダロによって買い取られ、最初の200ヘクタールの植栽から、現在の合計520ヘクタールまで、8回に分けて開始されました:オヨ・ドルナホ、ラ・ミナ、プラド・デル・レイ、エル・ピノ、ロス・ロブレス、バルデラエグア、サルグエロ、ラ・レコルバの8つの畑です

1996

リベラ・デル・ドゥエロのプラドレイ ブランドでの、赤ワインとロゼワインの最初の収穫を開始

2005

プラドレイ ブランドでの最初の白ワイン収穫を開始

2014

プラドレイは、テロワールに忠実なワインと革新への強いコミットメントを胸に、2番目のワイン醸造革命を開始します。
Cerrar
×

カート